幼児教育にいいいろいろなおもちゃを見ていきましょう。

幼児教育にいいおもちゃとは

教育に繋がるおもちゃ

使わなくなったおもちゃの処理方法

子供が大きくなるにつれ、おもちゃの量もたくさんになります。
そして、今度は保管が大変になってきますよね。
そんなときには、かえっこを利用してみるのもいいかもしれません。
かえっこは、地域ごとで開催されるおもちゃの交換の場です。
使わなくなったおもちゃを持ち込んで、かえるポイントに交換できます。
そのポイントを使って、別の子どもの持ってきたおもちゃと取り換えることができるようです。
とっても画期的なシステムですので、近くでの開催がある場合には、参加してみるのもおすすめです。
その他には、近所のリサイクルショップに売りに行ったり、児童館や発展途上国に寄付したり、価値があるおもちゃなら、オークションに出してみるのも一つの方法です。

お菓子でもできる教育

子供が大好きなお菓子で、教育できることもあります。
最近、種類豊富に売られている知育菓子。
これは、アイスクリームやピザ、ハンバーガーなどをグミやクリームを使って形を完成させるお菓子です。
価格は、100円くらいのものから高いもので400円くらいのものがありますが、子供はワクワクしながら楽しんで取り組みます。
簡単な作業に見えますが、一つ一つ、自分で作り上げていく細かな作業で、手先が器用になりますし、どのようにしてデコレーションしていくかで、想像力を伸ばすことができます。
ケーキ作りや、お寿司屋さんなど憧れの職業をマネすることもできるので、今大人気です。
小さなお子さんは、大人が一緒になって作ってあげるのもいいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る